OSAKA × MILANO

DESIGN

LINK

2019

ミラノ・フォーリサローネとのデザインの祭典

OSAKA×MILANO DESIGN LINK、はじまる

2019

10.12→11.04

「デザイン」はみんなに開かれています。誰でも参加できますし、誰も拒みません。

実験的なものでも構いません。みんなで応援し、みんなで発信する。

「デザイン」は姉妹都市ミラノと大阪をつなぐ大きな思想です。

大阪とミラノ、この街を訪れる人々とアーティストや学生、

商店街と企業、現在と未来…

みんなをデザインでつなぎ、大阪を「世界のOSAKA」にしたい。

そこで、世界中から毎年100万人が集まりミラノ市街のいたるところで盛り上がる

デザインの祭典「フォーリサローネ」と組んで

心斎橋からデザインのお祭りを毎年開催していくことにしました。

大丸心斎橋店は、本館のグランドオープンを機に、

デザインでみんなをつなぐ架け橋=心斎橋になります。

「デザイン」はみんなに開かれています。

誰でも参加できますし、誰も拒みません。

実験的なものでも構いません。

みんなで応援し、みんなで発信する。

「デザイン」は姉妹都市ミラノと大阪をつなぐ大きな思想です。

大阪とミラノ、この街を訪れる人々とアーティストや学生、商店街と企業、現在と未来…

みんなをデザインでつなぎ、大阪を「世界のOSAKA」にしたい。

そこで、世界中から毎年100万人が集まりミラノ市街のいたるところで盛り上がるデザインの祭典「フォーリサローネ」と組んで心斎橋からデザインのお祭りを毎年開催していくことにしました。

大丸心斎橋店は、本館のグランドオープンを機に、デザインでみんなをつなぐ架け橋=心斎橋になります。

NEWS

DESIGNs

MAP

PAGE TOP

DESIGNER :
Haas Brothers + Elad Yifrach
BRAND :
L’Objet
CURATOR :
Elad Yifrach
EXHIBITION PLACE :

大丸心斎橋店本館 2階

VIEW IN GOOGLE MAPS

アメリカ南西部のジョシュア・ツリー国立公園の異世界のような景色にインスパイアされた、インテリアコレクション。アーティストのSimon and Nikolai Haasが、この地で暮らす空想上のモンスターをデザインし、ラグジュアリーライフスタイルブランドL’Objetが職人たちの熟練の技によって、洗練されたアイテムに仕上げた。

Simon and Nikolai Haasはロサンゼルスを拠点に活動する双子のアーティスト。L’Objetの創設者Elad Yifrachはイスラエル出身のクリエイティブ・ディレクター。L’Objetは、時代を感じさせない繊細さと、素晴らしい職人技の出会いによって生まれ、職人達と共に成長し、今日では高級ライフスタイルブランドとしての地位を確立している。

WEB SITE :
www.l-objet.com

DESIGNER :
Renato Japi & Tomáš Krejcí
BRAND :
Floating Futures
CURATOR :
Kavalier Glass,
Fatra,
Tomas Bata University in Zlin
EXHIBITION PLACE :

大丸心斎橋店本館 2階

VIEW IN GOOGLE MAPS

見る人に観念的な未来感を感じさせる、ガラスとインフレータブル(空気で膨らませた風船状の物)を使用し、2つの素材の視覚的な共存を追求した実験的な作品。インフレータブルが花瓶や照明を支え、互いに支え合う構造で構成されている。

Renato Japiは、ブラジルに生まれ、ポルトガルで活動するアーティスト、彫刻家。ガラス素材を使用し、写真、映画、音響等様々なジャンルで、実験的な作品を発表。Tomáš Krejčíは、チェコに生まれ、チェコで活動するデザイナー。ガラスと異素材の組合せに興味を持ち、工業デザインやアート分野で作品を制作。様々なガラス加工技術を使用し、実験的かつ、常に新しい視点を探求している。

WEB SITE :
floatingfutures.com

DESIGNER :
Paula Cademartori
BRAND :
Bitossi Home & Funky Table
EXHIBITION PLACE :

大丸心斎橋店本館 3階

VIEW IN GOOGLE MAPS

カラフルでデコラティブな植物のインスタレーションは、デザイナーのルーツでもある南米のトロピカルな植物に着想して構成された「トロピカルラグジュアリー」なコレクション。クラシックな柄をユニークな感性でアレンジした花瓶、小物入れ、カップカバーのコレクション群は、自然の美しさそのものを表現している。

ブラジル出身、イタリアで活動するデザイナー。ヴェルサーチのデザインオフィスで経験を重ねた後、自身のアクセサリーブランドを立ち上げた。彼女のインスピレーション源は、アートや建築など。それらを通じて鮮やかな色彩、独特の装飾、そして深い審美眼によって、優雅で女性らしさが特徴的なユニークなコンセプトを持った作品を発表。2016年、レンツォ・ロッソとのパートナーシップ契約を締結。

DESIGNER :
Andrea Maestri Studio
CURATOR :
Andrea Maestri
EXHIBITION PLACE :

大丸心斎橋店本館 4階

VIEW IN GOOGLE MAPS

宇宙空間をテーマとした遊び心溢れるコレクション。エイリアンを思わせるデザインのハンガー掛けや、UFOの形をしたコーヒーテーブル、ロボットの顔型の花瓶など、SFのアイコニックなモチーフや架空のキャラクターを、Andrea Maestriの独特の感性とイタリアの職人達の高い技術によって、家具やアクセサリーに再構成した。

アート、インテリア、家具などジャンルを横断して活躍するミラノ在住の建築家・デザイナー。才能と遊び心、そして深い文化的知識によってファンタジー溢れる世界観を創造し、奇抜かつ魅惑的な作品を生み出す。また、先端技術と伝統技法を組み合わせながら、作品のディテールへのこだわりと型にはまらない素材選びや、特殊な仕上げが特徴的。作品はミラノ・トリエンナーレ美術館にも展示されている。

DESIGNER :
Anotherview collective
(Marco Tabasso, Tatiana Uzlova, Robert Andriessen)
EXHIBITION PLACE :

大丸心斎橋店本館 7階

VIEW IN GOOGLE MAPS

世界各所の「とある1日」の日常が24時間映し出され、あたかも現地を訪れたかのような気分になれるビデオアート。窓枠の素材などにもこだわり、撮影地にちなんだ色合いや素材を採用。今回の展示は、2つの異なる景色をセレクト。1つはミラノの中心地、「ガレリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」の豪華な雰囲気と闊歩する人々の様子を投影。そしてもう一つはタイ、パンガン島の孤独なビーチでの一日を映し出している

“世界を旅する窓”をコンセプトに展開するプロジェクト。作者のMarco Tabasso、Tatiana Uzlova、Robert Andriessenたちは2015年よりミラノ・デザイン・ウィークに出展。また、アート・バーゼルなど、世界の重要なアートフェアへも参加し、作品は世界各所に所蔵されている。

DESIGNER :
ISKO, DWA, Chiara Luzzana
CURATOR :
Fabio Di Liberto (Brand Director ISKO)
PARTNERS :
Wallpaper*
EXHIBITION PLACE :

大丸心斎橋店本館 9階

VIEW IN GOOGLE MAPS

「デニムからどんな音がするか?」という、誰も思いつきもしなかった発想で、デニムの新たな可能性を探るインスタレーション。世界的デニム生地ブランドISKOが生産した、粗い、柔らかいといった様々なデニムに、バイオリンの弧、ギターピック、マイクなどを当て、デニムが発する音を抽出。デニムを触ることでその音を「聞く」というこれまでに無い体験を提供した。

ISKOは、年間約3億mの生産能力を誇る世界をリードするトルコのデニムブランドであり、世界最大の多国籍企業、SANKOグループの傘下。本作品では、ISKOのブランドディレクター、Fabio Di Libertoがコンセプトを担当し、ミラノを拠点に活動するデザインスタジオDWAと、サウンドデザイナーのChiara Luzzanaとのコラボレーションで制作された。

DESIGNER :
Masquespacio
BRAND :
Poggi Ugo Impruneta
CURATOR :
Valentina Guidi Ottobri
PARTNERS :
Mariotti Fulget, Baldi Firenze
EXHIBITION PLACE :

クロスホテル大阪 1階

VIEW IN GOOGLE MAPS

スペインのデザイナーユニットMasquespacioによるデザイン、イタリア人著名キュレーターValentina Guidi Ottobriによるキュレーションで発表された、イタリアのテラコッタメーカー「Poggi Ugo」社の創業100周年記念インスタレーション。通常屋内で使用されることの無いテラコッタ素材を、室内インテリアとして活用し、室内で“Land(イタリア語でTerra)”を感じることができる、洗練されたインスタレーション。

Masquespacioは、2010年に設立された、数多くの受賞歴のあるクリエイティブコンサルティングスタジオ。インテリアデザインとマーケティングスキルを融合し、新鮮で革新的なコンセプトをユニークなアプローチで活動している。2019年には、「スペイン版ニューヨークタイムズ-Tマガジン」の「インテリアデザイナーオブザイヤー」を受賞。

WEB SITE :
www.poggiugo.it

DESIGNER :
Mandalaki Studio
CURATOR :
Enrico De Lotto
EXHIBITION PLACE :

ライム イタリアン 心斎橋

VIEW IN GOOGLE MAPS

芸術性と技術の両立を追求したプロジェクト。光を単なる光源としてではなく、緻密なグラフィックとして投影することで、物理的な対象物と無限の色合いの調和を図っている。 光学設計では、白色光をベースに強くて鮮やかな色の小宇宙を作り出し無限に続くグラデーションによって、色への没入体験を室内に作り出している。

2012年に設立されたデザインコンサルタントスタジオ。既存の物の境界を疑い、デザイン、アート、そしてテクノロジーを交差させる事を理念として掲げている。長年に渡る技術へのリサーチと美の追求で表現される、象徴的ですぐにそれであると解るデザインの作品達は、世界で最も重要なギャラリー、見本市、および様々な機関などで展示されている。

WEB SITE :
www.mandalaki.com

DESIGNER :
Francesco Breganze de Capnist & Virginia Valentini
CURATOR :
LATOxLATO
EXHIBITION PLACE :

Lucien pellat-finet 心斎橋店 1階

VIEW IN GOOGLE MAPS

イタリアの伝統的なデザインにインスピレーションを受けたコレクション。イタリア建築を参考にしたアーチとその荘厳な外観が特徴の花瓶や、イタリアの街でよく見られる広場から着想を得て製作された小物置き、大理石を魅力的なデザインと優れた職人の技術で加工されたろうそく立てから構成されている。

イタリア50年代のデザインへの興味と、それぞれの異なるデザインテイストを尊重し、活動するデザイナーデュオ。自分のルーツを大切にしながら、強いビジョンを持ち、デザインを生活と区別することなく人生の一部として強い情熱を注いでいる。情熱的/穏やか、直感的/論理的、夢想家/現実家といった、相反する二人の性格の違いを超越し、互いを尊重することで、作品を生み出している。

WEB SITE :
latoxlato.com

デザイナー/ アーティスト。ミラノを拠点に活動。
デザイナー、イラストレーターとして数多くの企業と協業。Nikeや Apple, Alessi, Bosa, De Castelli他多数。細部へのこだわり、かたちの調和と詩的なスタイルは、彼女の作品の特徴でもあり、アートとデザインを融合します。表現方法の探求、人々の感情に訴えかける作品の数々は、創作活動の本質です。彼女の作品は国際的な展示会に多く出展され、2017年にはMiglior designer esordiente(最高新人デザイナー)としてSalone del Mobile Milano Awardを受賞し、同年からイタリア外務省の世界におけるイタリアデザインアンバサダー、 2018年に彼女はミラノ市ブレラ地区の Design Districtアンバサダーに任命されました。

イタリアの芸術家兼デザイナーであるMatteo Cibicは、様々な用途のある、擬人化された愉快な作品で有名です。彼は高級ブランドやコレクター、およびハイテク企業から、小さな工場の職人まで幅広い方々と共に仕事に取り組んできました。
作品は世界中の美術館、施設、ギャラリー等で展示され、 受賞歴も多数。
国際的に注目される彼の作品の中に2017年にElle Decorより国際ヤングタレントオブザイヤー賞が送られています。

DESIGNER :
居山浩二 | Koji Iyama
EXHIBITION PLACE :

大丸心斎橋店本館 5階

VIEW IN GOOGLE MAPS

カモ井加工紙(株)のインテリア向けマスキングテープ「mt CASA」シリーズのプロモーションのため、Fuori Saloneで開催した展示。テープを壁、床、テーブル、椅子、皿などに貼り、室内空間での活用方法をプレゼンテーション。全てのテープには家のシルエットのパターンを印刷、CASAシリーズを訴求すべく、徹底した。

アートディレクター/グラフィックデザイナー。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。日本デザインセンターを経て、iyamadesign inc. 設立。商品企画開発からコミュニケーションプランまで、トータルなディレクションを通じたブランディングを中心に、幅広くデザインを展開している。D&AD最高賞、カンヌライオンズ金賞、SPIKES ASIA グランプリ、ONESHOW金賞、CLIO金賞、NYADC金賞、DESIGN TOKYO大賞 グランプリ、日本文具大賞 グランプリなど国内外で受賞多数。

WEB SITE :
iyamadesign.jp

BRAND :
YAMAHA
EXHIBITION PLACE :

本町ガーデンシティ

VIEW IN GOOGLE MAPS

演奏できる壁面作品。大きな絵と対峙すると、まるで自分がその世界にいるかのように感じる。絵画的世界の中に浸りながら、心が深く深く没入していく様を感じることができる作品。

BRAND :
YAMAHA
EXHIBITION PLACE :

本町ガーデンシティ

VIEW IN GOOGLE MAPS

楽器の音と振動が身体を包み込むオブジェ。チェロを抱え、音に沈み込んでいくような体験で、いつもより増幅された感情のコントラストを味わう作品。チェロには加振機が装着されており、ボディの振動を身体で感じることができる。

DESIGNER :
池田知穗 | Chiho Ikeda
EXHIBITION PLACE :

三津寺 本堂

VIEW IN GOOGLE MAPS

刺繍する表側を「意識された糸による表現 ~with thinking~ 」とするならば、裏側は「意識されたものと対局にあるもの」。無意識が作り上げる裏側 ~without thinking~。時として見せるための表側よりも裏側により魅了されるのは、作り上げられ、誇示されることを私自身が好まないからなのかもしれない。

DESIGNER :
AKANE KOJIMA
EXHIBITION PLACE :

三津寺 本堂

VIEW IN GOOGLE MAPS

2016年発表作品。1年以上かけ完成した「わたし」は、制作期間が長い分さまざまな出来事をこの作品と共に生活してきた。感情に波のある毎日をありのまま刺繍した作品。

DESIGNER :
=YOSHIE
EXHIBITION PLACE :

三津寺 前堂

VIEW IN GOOGLE MAPS

6人の編女たちは、どんなシチュエーションでも自由にしている。同じ空間で一緒に楽しく不思議な解放感を味わって下さい!

DESIGNER :
藤原正和 | Masakazu Fujiwara
EXHIBITION PLACE :

ホテル日航大阪 2階 エスカレーター正面

VIEW IN GOOGLE MAPS

螺旋状のワイヤーの中をガラスの球が登り続ける?視覚の錯覚により上に登ったり、下に降りたり、もしくは止まっている?ガラスの球は浮いているのだろうか?予想に反した不思議な動きをする作品。

DESIGNER :
木村奈央 | Nao Kimura
EXHIBITION PLACE :

ホテル日航大阪 2階 コンシェルジュ横スペース

VIEW IN GOOGLE MAPS

私たちは、ことごとく中間的な存在。はじまりの記憶、そして終わりの記憶をもつことができない。そのような私たちの目には見えない不確かな感覚を現代的視点から表現したいと願っている。

DESIGNER :
永濱貴之 | Takayuki Nagahama
EXHIBITION PLACE :

難波神社

VIEW IN GOOGLE MAPS

屋根の棟端に飾る瓦「鬼瓦」。雲、菊、若葉、鬼の顔、獅子、牡丹。獅子と牡丹は伝統的に良い組み合わせ。その組み合わせを新たな形で提言。二つのものの融合。静と動、動物と植物、伝統と革新。そして勇猛な姿の獅子と艶麗な牡丹の花。それは獅子が牡丹に牡丹が獅子に...。

DESIGNER :
CHAOSMOS/冨岡雅寛 | CHAOSMOS/Masahiro Tomioka
EXHIBITION PLACE :

クリスタ長堀 滝の広場

VIEW IN GOOGLE MAPS

カオスモスマシンは動力を使わず鑑賞者が[奏作(そうさ)]する事で思いがけない動き・複雑な自然現象を現出する。マシンと対話して、毎回異なる反応を楽しんでください。
※展示期間は11月2日(土)・3(日)となります。